眼精疲労

日常生活による影響

目の疲れ

冷え性は、女性に多い症状です。冷え性は、特に手足や腹部などを中心に特定の部位が冷える事による現象です。冷え性に多い症状は、頭痛や肩こりなどがあげられます。他にも、生理痛や不眠などと言った精神的なものもあげられます。冷え性の一番の原因は、体内で流れる血液がうまく流れないことです。血液は、普段体全体の隅々に行き届くものですが、血液がうまく流れないことにより隅々まで行き届かなくなってしまうので、体に血液が届いてない部分が冷えてしまうのです。夏になると、室内ではクーラーをかけて暑さをしのぎますが、外との温度差が大きいとついついクーラーの温度を下げてしまいます。しかし、温度差が極端な場所を行き来することにより、自律神経のがバランスを崩してしまいます。自律神経がバランスを崩すことによって、血行の流れが悪くなったり、体温調節ができなくなりと人体に様々な影響が出てきます。結果、冷え性に繋がる原因になってしまいます。他にも、運動をしないことで血液を送る筋肉が働きが鈍くなることがあります。そのため血行が悪くなる事も1つの原因です。

冷え性は、手足や体の部位が冷えると起こる症状だと多くの人が認識しています。しかし、手足や体の部位が冷えることだけが冷え性ではありません。手足や体の一部が冷えるとは逆に普段の体温とは別に熱く感じる人も冷え性と言えるのです。この症状は、冷え性の進行が進みすぎてしまったために起こる症状です。ですが、熱いから言って冷やしてしまうと逆効果になってしまいます。このような症状の場合でも冷やすのではなく温めることが大事です。