眼精疲労

使いすぎる眼

お茶

眼は、人や動物にとって物を見る時にとても重要です。しかし、眼が疲れることにより体に様々な影響をもたらします。これを眼精疲労と言います。眼精疲労には、様々な原因がありますが一番多い主な原因としては、眼の使いすぎによるものです。パソコンが普及した現代では、日常的にパソコンを使用する機会が増えてきました。現在では、仕事や学校でパソコンを使用する機会がある人や、仕事や学校以外でも趣味で使用する人も多くいます。その中で、休むことなく眼を使用することで、眼の疲労が蓄積されていきドライアイや頭痛など様々な原因や症状に繋がるのです。他にも、加齢からくる事も1つの原因とされています。眼の視力は年齢と共に低下していきます。眼は、毛様体筋という部分を使って見える物のピントを合わせる事で物を見たりすることが出来ます。しかし、年齢を重ねるごとに毛様体筋も衰えてしまうため、物がぼやけてみえたり、霞んで見えたりすることがあります。それにより姿勢が悪くなり、眼に負担をかけてしまい眼精疲労に繋がってしまいます。他にも、風邪や虫歯など眼には関係ない病気によっても眼精疲労を起こす場合があります。

眼精疲労には様々な原因や症状がありますが、眼精疲労を起こさないための対策も沢山あります。学校や仕事などで長時間パソコンをを使用する際は、5分でもいいので眼を休めることが大事です。また、気分転換に体操をしたりすることも1つの良い手です。